【募集中】震災体験者の話を聞きながら、災害への備えを考えませんか?(ツナミリアル無料体験会 第2回)

 震災遺構門脇小学校では、体験者の話を聞きながら自身の災害への備えを考える学習プログラム「ツナミリアル」を無料体験できる会を定期開催しています。
 「ツナミリアル」とは参加者が震災体験者(語り部)である講師の立場(状況)になったと想定し、地震津波に遭遇した時、自分ならどう行動するかを考えるプログラムです。海沿いや川沿い、会社や自宅など講師それぞれのシチュエーションで起こり得る事態を想像することで防災力を高めます。
 第2回となる7月28日は当時、小学校教員だった徳水博志さんをお迎えします。徳水さんの勤めていた小学校では地震後、児童を校庭に待機させていました。そこへ住民が裏山への避難を呼びかけ、裏山へ避難しました。数分後、津波が襲来し学校はのみ込まれてしまいましたが、裏山へ逃げていたことで助かりました。徳水さんの教訓から学校防災について一緒に考えてみませんか?

〇第2回 7月28日(日):徳水博志さん(震災当時、小学校教員)
・行事名:ツナミリアル無料体験会
・時 間:午後2時から40分程度
・定 員:50名
・会 場:石巻市震災遺構門脇小学校 多目的学習室
・費 用:無料(別途、入館料が必要です)
・申 込:電話またはFAX、メールにてお申し込みください
      申し込みの際は①お名前②携帯電話③人数をお知らせください
      電話番号:0225-98-8630
      F A X:0225-98-8632
      メール :info@ishinomakiikou.net

★令和6年度ツナミリアル無料体験会全体スケジュールはこちら