語り部一覧

当時、門脇小学校校長

鈴木元校長先生.png

鈴木洋子さん

震災当時の避難の様子を実際の避難行動に沿ってお伝えします。門脇小学校が取り組んできた防災教育についてもお話しします。震災を経験して浮かび上がってきた課題や今後の防災教育の在り方についてもお聴きいただきたいと思います。

希望の開催場所

①門脇小学校内、校庭
②避難ルートと辿る

所要時間

①30~60分間
​②70~80分間

料金

①6,000円
②7,000円

​当時、門脇小学校教頭

佐藤元教頭先生.png

佐藤裕一郎さん

2011年3月11日午後2時46分巨大地震発生。強くそして長く続く揺れの中、校舎は激しく軋み、子どもたちの悲鳴が校舎に響き渡る。その後、雪降りしきる中、校庭へ避難。余震が続き、誰もが不安に思う中、「津波警報」のサイレンが鳴り響く。高台への避難開始。

​ 教頭他数名の職員は、来校する保護者への連絡要員として門脇小に残る。保護者・避難住民等への対応中の午後3時40分頃、津波襲来。間一髪校舎内へ避難。ほっとする間もなく、校舎付近から大きな爆発音が次々と。そして、火の手が…。

希望の開催場所

・門脇小学校内
・日和山へ通じる門脇小学校西側階段付近

所要時間

45分~60分

料金

6,000円

日和幼稚園遺族有志の会

佐藤美香さん

 当時6才の娘が幼稚園管理下で亡くなりました。大津波警報、避難を促すメッセージが防災無線から流れる中で、日和山にあった日和幼稚園の園児たちは、乗るはずのなかった送迎用の幼稚園バスに乗せられ、海に近い平地に向かいました。その途中、津波と火災に巻き込まれて亡くなってしまったのです。

 安全であるはずの幼稚園があった高台から、なぜ沿岸部にバスは向かったのか、なぜ助かるはずの命が失われたのか。​こうした悲劇を繰り返さないために、あの日起きた出来事を話しています。

希望の開催場所

①門脇小学校内、校庭
②南浜・門脇周辺の歩き語り部

所要時間

①40分間
​②90分間

料金

その都度相談

こちらから直接お申込みも可能です。

佐藤美香さん.png

語り部

草島真人さん

 当時、私は眼前に海が広がる石巻市南浜町に住んでいました。地震発生直後、市内の勤務先から車で自宅に戻り、一旦、門脇小学校に避難しました。再び車で自宅に戻る途中、津波が迫ってきましたが、間一髪で逃げ切りました。

①震災前に準備していた事と実際に行った事

②避難所での生活

③大震災を体験したことによる人生の変化について

普段の語り部では、上記3つをお話しています。

希望の開催場所

①門脇小学校内、校庭
②石巻南浜復興祈念公園内

所要時間

20分~120分

料金

5,000円~6,000円

Photo_22-07-21-16-52-55.491.jpg

・石巻圏で活動している語り部を紹介します。門脇小学校内などでお話を聞くことができます。

・お話を聞きたい語り部がいましたら、お問い合わせください。

​・門脇小学校多目的学習室を会場とする場合、

 語り部の料金+入館料+多目的学習室利用料(1時間/700円)+<冷暖房費(1時間/100円)>

・料金については、人数や希望のお時間によって変更となる場合がございます。ご了承ください。